FC2ブログ

あんバタのオナ部屋^π^

創作、同人、変態活動、オタク的なもんもここにまとめよう。つぶやきも。

ちんぽ彼女6

休日に彼女が誘ってきた。
「ミユちゃんー。どっか行こうよー。」
ゆさゆさ。

「給料日前でピンチだから駄目」
「えー…公園ならお金使わないよ!行こうよ」
「うーん…聞くけど…公園で何するの?」
「・・・・・あ・・あおかん・・」
「却下」
「えー…えーん。」
「外は駄目。」
「なんでー?外気持ちいいよ?」


…人の気も知らずに
「駄目だって。」
「なんでだよう…」
「だって…他の人に見られたくないんだもん…」
「自分の恥ずかしく喘いでいるとこ?」


「ううん。」


彼女を指す。


「わ・・私の恥ずかしいとこ!?」
「うん。…独り占めしたいんだもん。」

・・・・
「ええ////うわあん/////そんなこと言わないでよ」
「どうしたの?」


「勃っちゃったじゃん!なめてー///」
「仕方ないなー。エッチなんだから…」





『ちんぽ彼女第六話』





結局あの日は勝負がつかないままイきまくってしまった。
彼女と蘭ちゃんはどうやら仲良くなったようで、携帯番号の交換をしていた。

最近、彼女が私よりも蘭ちゃんにメールしてる回数が多い気がするんだけど…気のせいだろうか。
「蘭ちゃんからメールだぁ!」
「なんだってー」
「んー。なんか、お尻にモノを挿入れられながら自分のちんぽしごかれたいとか言ってるよ!」
「・・・あ?」


もう、彼女と蘭ちゃんは二人でする気満々じゃん…
結局私って彼女に利用されてたんだな…
彼氏に振られたからって私のほうにきたんだもんね…生活も心も…


本当は私のことが好きなんじゃなくて、かまってくれる人が好き…
蘭ちゃんが彼女のこと相手しているから、私はもう用無し・・・?

「はぁ・・・」
「どうしたの?ミユちゃん。元気出して!」
「行ってらっしゃい。もう帰ってこなくていいから」
「・・?どうしたの・・・?ミユちゃん冷たいよー・・・」
「行ってらっしゃい、遅いと蘭ちゃんに迷惑かかっちゃうでしょ」
「てかなんで今行かなきゃいけなくなってるの?」
「だって…楽しそうにしてるじゃん…」


「ミユちゃん…嫉妬してんの?」
「…うん」


「可愛いなぁ~!もぅ…」

彼女ははしゃぎながらキスをしてきた。
「ちょっ…イキナリ…やめい!」

チュッ…チュ…

「やめないよ~!ミユちゃん大好き!」
悔しい…ベロチューされたらエッチな気分になっちゃう…
「ごまかすなって…」

「ごまかしてないよ、ミユちゃんが大好きだよ。見てよ、ミユちゃんとベロチューしてたらおっきくなっちゃったよ?」

「嘘でしょ…別に誰としてもおっきくなるんでしょ?」

「そりゃ…しごかれたりしたらおっきくなっちゃうと思うけど、気持ちいいの…さきっちょからほら…出ちゃうのは…」
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

ちんぽ彼女5

完全に酔いはさめた。

彼女は泣きそうな顔のまま私を部屋に引っ張って行った。
蘭ちゃんはその時意地悪そうな顔で

「ふーん・・・猫・・・ねー・・・」

と言った。
あーもー完全に感づかれてるよー。


「あなた、ミユちゃんちにくる予定だったの?」
彼女はきつそうに蘭ちゃんに言う。
暗に”くるな”と言っているのだ
「そうですけど。おじゃましますね!」

ああ。

なんかはじまりそうだ・・・




『ちんぽ彼女第五話』




気まずい空気のまま部屋に入ると、部屋も凍りついたような世界になった。
(なんか言われるんだろうか・・・)



「飼い猫ってー、あなたのことだったんですねー」
口を開いたのはやっぱり蘭ちゃんだった。
「うん、ミユちゃんに大切にしてもらってるよっ!あなたが入り込めないくらいにね~」
笑いながら怖いことを言うなあ。
私が入り込む余裕ないよ、この会話。

「くっ・・会社ではいっつもミユ先輩と一緒ですよぉ。あなたはずっと家に居るの?家事もできないみたいだし、正直迷惑してるんじゃないですかぁ?」
「ハッ!ハァッ?何を言ってるんかな!ちゃんと、しごと・・うう・・してないけどぉ・・迷惑させてないもん・・」

蘭ちゃんの方が上手だなー・・よく観察してるねぇ。

「クスっ・・どこが迷惑してないんですかね。やっぱり仕事もしてないし、迷惑かけてるだけじゃないの?」
「ちがうもん!!ミユちゃんのことヒィヒィ言わしてるもん!あんたなんかよりもミユちゃんのこと満足させられるもん!」

あーなんか彼女が押されてると思ったらあれだ。
彼女は私が蘭ちゃんとエッチなことをしてたんじゃないかと思っていたのね。

って思っていたら彼女が私に襲い掛かる!


「ちょ、ちょっと!蘭ちゃんみてるから!」
「別にいいもん!ミユちゃんとラブラブなのは私だもん!」
「やっ・・もぉ!だめ、脱がすなっ・・」
蘭ちゃんに見られてるよー・・
「私もミユ先輩としたいです!」
って蘭ちゃんまで協力して脱がしにかかってきた!

「「ミユ(ちゃん・先輩)どっちがきもちいーか教えて(ね・下さい)」」

「こらっ!こらあ!もぉっ・・・だめっ・・」
乳首を二人で責められてしまう
「んっ・・ん・・だめっ・・あーもぉ・・感じちゃうからさぁ・・」
「ミユちゃん感じてるよぉー?私も勃ってきちゃったよぉ~」
彼女のちんぽあたってるよぉ・・・




ん?ちんぽ?




蘭ちゃんが青ざめる


あ、そうだよねw
忘れてたよ・・・



「え・・あなた・・・・それ・・・」
「あ、ちんぽ?生えたんだよ。」

「えええええええええええええええええええ」

驚く。
そりゃそうだ・・・


「私も!最近になってちんぽ生えたんです!!!」
ってえええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええ!?



べろん!



「あ、あるううううううううううううううううううううううwwwwwwwww」


「どっちが多くミユちゃんにせーし掛けられるか勝負しようよ!」
「そうですね!多くかけた方がミユ先輩のに挿れられるんですね!!」

なんか、意気投合してるし・・・

ちんぽ彼女4

「仕事終わった!」
んー、と伸びる
「お疲れさま!」
「お疲れさま、蘭ちゃん…どうしてこの時間まで…」
「ミユ先輩のこと、待ってました!今日ミユ先輩のうちに遊びに行っていいですか!?」

わざわざ待ってたのかー…断り辛いなあ…

「うちは片付いてないから、ご飯食べに行こうか!?」
「猫ちゃんのご飯大丈夫ですかぁ?」
「大丈夫だって!大丈夫!」

(うーん、彼女…ご飯食べてるかな…あいつ料理できないからなぁ…)




『ちんぽ彼女第四話』




「飲み屋しかないですね…ミユ先輩、飲めないんですよね…やっぱ家に行きましょうよ~」
「ちょっとなら大丈夫だよっ!飲むよ!」
(家だけはダメーっ)




飲み屋で結局飲み過ぎてしまうミユ。



「ミユ先輩、ちょっとしか飲んでないのに酔いすぎですよぉ~!」
「蘭ちゃんも酔ってるよね~!」

あーもう、フラフラ…
家まで帰れるかな~


「家まで送りますよー」
「いや、大丈夫っ…つ!ああっ!」

「転んでるじゃないですか!!送りますって!!」


フラフラ…フラフラ…


ミユの家の前
「着きましたよ、ミユ先輩~」
「んん~ごめん…蘭ちゃん~」
「じゃあ、送り代で、チュウして下さいね」

チュッ!!!

「「えっ!?!?」」


半ば強引にキスされた。
そして、目の前に彼女…



「ミユちゃん…何してたの…!?」

目には涙を溜めて。

ちんぽ彼女3

「いってきます」
「やだあ、ミユちゃん行っちゃやだあ!」
腕をつかむ。

「仕事だからしょうがないでしょ」
「ぶうー」
「仕事探しなよ、もう家賃建て替えないよ」
「う゛う゛…」
「じゃあ行くね」
出ていこうとすると、やっぱり腕を捕まれる。
「こ、ここに行ってきますのチューして?」

「ちょw何スカートめくってるのww」
「……勃っちゃった////」

「やだよ、ほっぺね」
チュっ!
「んんっ////行ってらっしゃぁぃ…」
「どこでもよかったんかいwwww」

…今度はいきなりちんぽにキスしてやる…





『ちんぽ彼女第三話』






彼女がうちに居着いてから数週間…
毎日のように彼女のちんぽを弄る。

(次はどうしてやろうか…!ハッ!何考えてるんだろ!!)

会社でもこんな調子だ。



「どうしたんですかぁ、ミユ先輩?」

この子は後輩の大野蘭ちゃん。
よく慕ってくれてる。

「いや、ちょっと猫のことを考えてたんだよ」
「ミユ先輩、猫飼ってるんですか?見たいです!」

ヒッ!変なこと言っちゃった!

「…あ、なんでもないの…」
「あー、部屋に内緒で飼ってるんですね?ミユ先輩悪い人~」
おっぱいツンツン!
「な、なんでそうなる!ツンツンしないでよぉ」
「女同士だし、大丈夫ですよね!?」
「ほら、仕事仕事!!」
「はーい」


なんかタッチが多いんだよね…蘭ちゃん…

ちんぽ彼女2

「ふっ、ふっ、ふっ、ふっ」

「朝から何をやってる訳?」

「筋トレ!強くなって、ミユちゃんのこと、守ってあげるね!!」


う、うぜ~…!!



『ちんぽ彼女第二話』


突然目の前に現れた。彼女は彼氏か何か。

彼女だったのに!
あるんだもん!


彼女、なの?彼氏、なの?

「どうしたのー?じっと私の方見て…ん?何?オチンチン欲しいの?」

「何でそうなるんだよ!!………よし、いただこうか!」

「はあ!?マジでwwwww」

私ばっかり、こいつに戸惑っているのも癪だ。
今をとことん楽しんでやる!!


ゴソゴソ…
パンツの上から手で弄ると、だんだん膨らんでくる。


「ミ、ミユちゃんっ…だめっ…あっ…汚れちゃ…」
「なーに?オチンチン欲しいのって聞いてきた癖にダメなの?誘惑しといて…やめちゃう?」

「違うのっ…ぬぎたいの…パンツが汚れちゃう…!」
「脱いでオチンチン見せたいの?いやらしいチンポ女だね」

「んっ…ゃあっ…そんな訳じゃあ…」

パンツの中に手を入れて、大きくなったものを動かすと、声を上げる

「ミユちゃんい、痛いっ…痛いよぉ、優しくっあっ…あん」

痛いのも好きなくせに、ワガママな…!

「もっと痛くしてあげるよ!!」

爪を立てて握る。
血が出そう。


「あっ、あっ…!!もっとっ…!もっとっ…!殺して、チンポ壊して!!!」


は?


ホゲ!?!?


彼女?は笑っていた。
手のひらで踊らされていたことに気付く。


「あれっ、止めちゃうの?気持ちよかったのに…?じゃあ私の番かなー……」


か、勝てない…


でも気持ち良くてそのあとすぐにイッてしまった。
カテゴリー
密林検索

ブログ内検索
あんバタの絵
ブクログ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

あんバタ

Author:あんバタ
ちょっと趣味が偏ってますし、画はチョットャヴァイんデスケド、好きになってくれる方がいたらいいのう。
★好き★レズ 百合 おしっこ 土下座 縛る 足コキ 足舐め 尻舐め 立場上が下に責められる フタナリ 踏まれる 集団いじめ 触手(グロいのはなし)
★あんま好きくない★ レズジャンルなのに後から男が出てくるのは最悪です。

最近の記事
FC2カウンター
フォトライブラリー
オススメ記事
DLsite
鼻毛道場
パトロン様ボシュ
リクエスト受付
有葉先生
『置き場がない!』を応援しています!